ホットスポット

ホットスポット今話題のホットスポットの紹介です。ホットスポットとは自前のパソコンを持ち込んで無線インターネット接続ができる便利な場所で最近はインターネットカフェにも導入されています。

ホットスポットって何?

ホットスポットとはWi-Fi(ワイファイ)=IEEE802.11bなどの無線LAN技術を使ってインターネット接続ができる場所のことです。最近は日本でもアメリカに続き急増していて、カフェやホテル、空港などで導入されています。
ホットスポットが導入されていると、自分のパソコンに無線LANカードを入れておくだけでPHSや携帯電話に比べて比較にならないほどの通信速度でブラウジングやメールのチェックが行えます。

ホットスポットの利用にはまず無線LANカードか無線LANを内蔵したパソコン、もしくは携帯情報端末(PDA)などが必要です。そしてホットスポットを提供している業者への入会と登録が必要です。主なサービスはNTTコミュニケーションズの「HOTSPOT」、ソフトバンクBBの「Yahoo!BBモバイル」などで、この他にも現在は多数の会社が参入している状態です。

サービス提供会社と各会社別のスポットがわかる⇒サービス提供元一覧


ホットスポット情報

ホットスポットのはしりといえばモスバーガー。モスは2002年5月よりNTTコミュニケーションズと共同で各店舗にホットスポットを導入しはじめました。これはモスの店内にホットスポットの接続拠点となるための無線アンテナ(基地局)を設置しているもので、ホットスポット会員登録をして無線LAN機器を搭載したノートパソコンを持ち込めばいつでもブロードバンド環境が実現できるものです。

モスバーガー⇒モスフードサービス

その他にも現在は続々とホットスポットの導入スポットが誕生しています。マックやケンタッキーなどのファーストフードからカフェドクリエやスターバックスなどのカフェや都内の主要ホテルなど様々な場所で体験することができます。

最新のサービスエリアの情報はここで⇒ホットスポットサービスエリア検索
都内や空港の一覧がわかってとても便利⇒東京ホットスポット情報

フリーホットスポット?

NTTコミュニケーションズの提供する「HOTSPOT」の場合は月額固定費を払って会員にならなくてはいけませんが、フレーホットスポットとはレストランやカフェなどがお茶代や食事代だけですぐにインターネットにアクセス出来る環境を提供してくれる、つまり誰でも自由にブラウジングやメールチェックができるホットスポットのことです。別にフリー=無料という意味ではありません。

フリーホットスポットについては⇒Free Hotspot


【PR】 インターネット接続 so-net  
光ファイバーADSLフレッツADSL、ダイアルアップなど、様々な接続形態を提供するISP

Web site design and development by netcafe-cafe © 2003